友人からネットワークビジネスに誘われたらどうする?嫌わられない断り方まとめ

ネットワークビジネス
by jscreationzs /freedigitalphotos.net

poto-ac.com

友人からネットワークビジネスに誘われた場合、興味がある内容なら良いですが、もし「自分には向いていないな」「やりたくない」と感じたら、しっかり断ることが大切です。

ですが、断り方によってはその後の友人関係に亀裂が入ってしまう場合も。
今後も仲良く付き合っていきたいと思うなら、断り方には気を付けたいところです。

そこで今回は、友人からネットワークビジネスに誘われた時に、嫌われない断り方や、そもそもネットワークビジネスは稼げるものなのか、ネットワークビジネスに向いている人、向いていない人などの詳しい情報をご紹介していきます。

ぜひ、記事を最後まで読んで、気になるポイントをチェックしてみてくださいね。

ネットワークビジネスのセミナー会場での断り方

poto-ac.com

ネットワークビジネスの勧誘は、セミナー会場で行われることもあります。セミナーは周りの目もあり断りにくいですが、友人は良かれと思ってネットワークビジネスのセミナーにあなたを誘っています。

その友人に対して「絶対にやらない」などと強い口調での断り方はNG!
その場にいる友人の面目も潰してしまいます。

おすすめの断り方は

「凄く勉強になったよ。誘ってくれてありがとう!でも私は今の仕事(生活)で満足しているから、このビジネスはお断りするね。○○ちゃんのこと、応援してるから頑張ってね!」

です。

なネットワークビジネスの断り方のポイントは、柔らかい口調でしっかり断ることです。

また、友人に「応援してるね」と伝えたり、友人がお世話になっている人がいたら「今日はありがとうございました」と挨拶をしておくと、場の空気も壊れません。

断る時も相手の気持ちを考えて伝えれば、友人関係を今後も続けることができますよ。

ネットワークビジネスの断り方はメールでも大丈夫

poto-ac.com

ネットワークビジネスを断る時、「友人に直接言いにくい」と感じている方におすすめの断り方は、メールで友人に「ネットワークビジネスはしない」と伝える方法です。

一方で、メールの伝え方は文字にする分、相手にキツく伝わってしまう可能性も。おすすめは明るく伝える断り方のメール。「貴重なお話ありがとう!私には必要ないからこのビジネスはしないけど、○○ちゃんの仕事を友人として影ながら応援してます!頑張ってね!」この伝え方なら相手も不快には思いません。

メールの断り方における大事なポイントは、ハッキリ「ネットワークビジネスはしない」と伝えること。そして、本文に顔文字などを入れないことです。

「私には人脈ないし、こういったビジネスには向いてないかなあと思って…。」などの返答は相手が突っ込む隙を与えてしまいます。「ネットワークビジネスはしない」と伝えるべきことは伝えるようにしましょう。

また、絵文字や顔文字は柔らかい印象を与えられますが、断る時にメールで使うと軽い印象を与えてしまうことも。真剣さを伝える意味でも使用しない方が無難です。

ネットワークビジネスに誘う友達への上手い断り方

poto-ac.com

日頃から悩みや相談事を頻繁にしている友達からネットワークビジネスに誘われたら、関係が深い分どんな断り方をすれば良いか迷ってしまいますよね?

仲が良いからこそ傷つけたくないと曖昧な断り方をしてしまうのは逆効果!自分を苦しめることになりますし、「また今度ネットワークビジネスのセミナーに誘ってみようかな」?と相手に期待を持たせてしまうので注意しましょう。

また、

「それって本当に儲かるの?話が信用できない」

といった断り方もNGです。ネットワークビジネスで友達の誘いを断る時は、相手のビジネスを否定せず、意思をハッキリ伝えることが大切です。

「別の気に入った商品(サービス)を使っているから大丈夫!私はしないでおくね。気にかけてくれてありがとう♪」

のような断り方だと、角が立ちません。

友達関係を今後も保っていきたいなら、その時に相手の夢や目標も一緒に聞いてみてください。その時に

「頑張っているんだね!ビジネスは協力できないけど…、応援してるね!」

と「あなたを応援したい」という気持ちを友達に伝えることで、今後も関係が崩れることもなく、気持ち良く付き合うことができますよ。

ネットワークビジネスのビジネスの仕組みは稼ぎやすいの?

by arztsamui /freedigitalphotos.net

ネットワークビジネスの中でも有名な会社の名前は知っていても、仕組みや稼ぎやすいビジネスなのかわからないと、気になっている方も多いのではないでしょうか?

ネットワークビジネスは(連鎖販売取引)という仕組みで成り立っているビジネス。商品の売買事業で、商品を再販売、販売のあっせんなどをすることで、報酬を得ることができます。

つまり、ネットワークビジネスは商品を販売したり、自分が紹介した人が商品を購入することで収入に繋げる仕組みのビジネスのこと。ネットワークビジネスとして展開しているビジネスは他にも、アムウェイやシャルレなども挙げられます。

ではこのようなネットワークビジネスは果たして稼ぎやすいのでしょうか?
ネットワークビジネスのビジネスは、シンプルな仕組みなので始めやすいのがメリットですが、稼ぎ方の方程式がなく、人によっては稼げるまで時間がまちまちなことも。

そのため、最初は専業ではなく副業からスタートしていくのがおすすめです。
独自の稼ぎやすい方程式を作り上げることで、徐々に報酬へと繋がっていくでしょう。

ネットワークビジネスに向いている人と向かない人の違い

poto-ac.com

では、ネットワークビジネスに向いている人はどのような人なのでしょうか?
向かない人との違いも合わせてご紹介します。

まず、ネットワークビジネスに向いている人は経営者としての自覚や仕事を理解している人です。

ネットワークビジネスは、個人それぞれが経営者です。販売方法はもちろん、自分の収入をどう増やしていくか、今後どうビジネスを展開するかなど、経営者目線で考えることが多くあります。

そのため、経営者志向が強い人こそ向いている人だといえるでしょう。

逆に向かない人は、自分で考えずに人任せにするタイプです。

「こう勧誘したら売れるって○○さん言ってたのに、全然売れないじゃん」

「もっとちゃんと売り方教えてよ・・・」

このように、ビジネスがうまくいかない原因を自分の事として考えられない人は、ネットワークビジネスに向かない人です。

ビジネスを始める時に大事なのは、ビジネスがどう展開してもそれを自分の責任と捉えて、向き合えるかどうかです。ここができるかどうかで、今後の展開が大きく変わってくるでしょう。

まとめ

by graur razvan ionut /freedigitalphotos.net

友人からネットワークビジネスに勧誘された場合、興味があればぜひ耳を傾けてみてください!商品が好きだったり、「続けられそう」、「売れそう」と思うなら挑戦してみるのもおすすめです。

一方で「自分には向かない」「やりたくない」と思うなら、友人だからこそ曖昧に断らず、ハッキリ「このビジネスはしないことにするね」と断ることが大切。曖昧な断り方をしては今後の友人関係にも悪影響を与える可能性があるので、しっかり伝えるようにしましょう。

友人関係を壊したくないなら「夢に向かって頑張ってね!」、「お互い仕事頑張ろうね」と「応援している」ことを伝えること。
こうすることで友人関係を壊さずに自分の気持ちを伝えることができますよ♪

友人からのネットワークビジネスの勧誘の断り方で悩んでいる方は、ぜひ記事内容を参考にしてみてくださいね。